院内で行うことのできる検査をご紹介します

内科部門

ブドウ糖負荷検査

糖尿病の診断のために行います。ブドウ糖75gを炭酸水に溶かしたものを飲み、その後30分、60分、120分に血糖値やインスリン値を測定します。これにより正常型・境界型・糖尿病型に分けられます。既に糖尿病と診断されている場合にはあまり行いません。

HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)

糖尿病治療においての評価項目として大切な項目の一つであり、1ヶ月から2ヶ月の血糖の 平均値を反映しています。当院では、日本糖尿病学会推奨の精度の高い高速液体クロマトグラフィー法による検査結果に基づいて診療しております。院内測定のため、数分で結果がわかります。糖尿病の合併症を予防するためには、少なくともHbA1c 7.0%未満を目指す必要があります。

血糖値

糖尿病において基本になる検査の一つです。血液中のブドウ糖の濃度です。空腹時血糖値と食後2時間血糖値、随時血糖値を見ながら評価していきます。空腹時血糖値は10時間以上の絶食後、食後2時間血糖値は心筋梗塞などの心血管疾患と関係があるといわれています。院内測定のため、即時に結果がわかります。

心電図

糖尿病と心臓とは合併症において密接な関係にあります。不整脈や隠れ心筋梗塞など心臓の状態を評価します。また、糖尿病の合併症の一つである自律神経障害の有無についてもこちらの検査で評価できます。痛みを伴う検査ではありません。

レントゲン撮影

肺炎や心不全の有無など糖尿病に限らず、内科一般では欠かせない検査の一つです。痛みを伴う検査ではありません。

尿検査

糖尿病による腎臓の合併症を調べる検査の一つです。糖尿病性腎症の病期の段階は尿検査で決まります。尿の検査では糖、タンパク質の漏れを主に見ています。腎症1期では異常は見られません。腎症2期では尿のタンパクは陰性ですが、尿中のアルブミンが陽性になります。尿蛋白陽性が持続していると腎症3期以上であり、この状態になるとそれ以前の段階に戻ることが難しくなるため、早い段階での評価が必要となります。院内測定のため、即時に結果がわかります。

末梢血一般検査

貧血や感染症などのチェックに必要となります。糖尿病の合併症の一つであり腎症が進行してくると、腎性貧血などの貧血を起こすことがあります。院内測定のため、数分で結果がわかります。

CRP(炎症性蛋白)

肺炎や尿路感染症など感染症のチェックに必要となる検査です。院内測定のため、数分で結果がわかります。

血圧脈波検査装置

血管伸展検査

動脈硬化の検査です。ABIとCAVIがあります。糖尿病の合併症の大きな原因は高血糖による動脈硬化であり、この動脈硬化を簡単に調べる検査がABIです。また、CAVIは「心臓から足首まで」の動脈の硬さを反映する指標で、動脈硬化が進行するほど高い値となります。早期診断と管理に役立ちます。検査時間はおおよそ5分程度で、針で刺すものではないので痛みを伴う検査ではありません。


整形外科部門

レントゲン撮影装置

レントゲン撮影

患部の状態を確認するために使用します。デジタル式現像ですので、処理が早く、待ち時間が短くてすみます。

骨密度検査

骨の密度を調べます。数分じっとしていることで測定できますので、身体への負担を軽減することができます。


リハビリテーション

リハビリテーション用治療器

干渉波治療器

神経の働きを調整し、体の不調をやわらげる治療法です。様々な疼痛性疾患・首や腰からくる手脚のしびれ、神経痛、筋肉痛、末梢神経症状の緩和、血行促進などに効果があります。

頚椎牽引治療器

腕や肩の痛み、しびれ、頸部の痛み、肩こり、腕に力が入らない等の症状がある場合の治療に使います。首の牽引と休止を繰り返すことで筋肉や筋膜由来の痛みや頚椎症によって引き起こされる痛みやしびれを緩和させる治療法です。

腰椎牽引機器

脊柱周囲の神経圧迫が原因で起きる手足や胸、腰の痛み、しびれ感の緩和に効果があります。神経への圧迫をやわらげていく治療法です。

ホットパック

温熱療法の一つで、温めた保温性の高いパックを患部にあてて治療します。頸部痛、腰痛、関節痛、関節のこわばり、拘縮などに効果があります。

滑車治療器

滑車を使った運動をすることによって、肩の動かす角度の改善が期待できます。

マイクロ波治療器

極超短波という温熱作用の波長を照射して、血液の流れをよくする治療器です。マイクロ波を患部に照射して局所の温熱効果により治療します。